広がるコーチ活動コース
身につくのは : 大切な人へ届ける力

「知ってもらう」のは自分次第、「選んでもらう」のは相手次第。
「知ってもらう」ことは安心感を届けることでもあります。
コーチ活動コースで、自分次第でできることを見つけましょう。

.

コーチ活動1 ノートの使い方

コーチ活動1ノートの使い方のイメージ

コーチ活動コースには、セッションお申込書や事前アンケート等のセッション用書類として、全6種類の「セッションノート」ひな形があります。基礎・実践・体得の各コースには、人生の主人公度合いチェック表や目的出しシート等のセッション用ワークとして、全56種類の「ケースノート」があります。各ノートの特徴を総括して使い方をマスターしましょう。
 
→ 受講した生徒さんの声はこちら

.

コーチ活動2 コーチングセッションの進め方

コーチ活動2コーチングセッションの進め方のイメージ

目的達成をサポートするのがコーチング、と限定するとクライアントさんが苦しくなります。望む未来がはっきり言葉になっている人ばかりとは限らないからです。現状を変えたい人もいれば、自分を見つけたい人もいます。クライアントさんの話を充分に聞いて、気持ちを充分に受けとめて、そのうえで臨む方向へ進めるように寄り添い方を考えましょう。
 
→ 受講した生徒さんの声はこちら

.

コーチ活動3 コーチ活動の認知度の上げ方

コーチ活動3コーチ活動の認知度の上げ方のイメージ

どんな人かわからない人に相談はできません。逆に言うと、お話をお聞きしてお役に立つには、コーチである自分の背景や信条やご提供できることをお伝えして、自分を知っていただいて、未来のクライアントさんと信頼関係を築くことがまず必要だということです。そして、それは自分に合った方法でおこなうことがとても重要です。なぜでしょうか?
 
→ 受講した生徒さんの声はこちら

.

コーチ活動4 コーチ活動の成約率の上げ方

コーチ活動4コーチ活動の成約率の上げ方

コーチとしての自分に興味を持ってくださり、コーチングセッションについて相談にお越しくださった人とどのように関わるかは、「コーチとしての自分の目的」が判断基準です。目的が「目の前の人が望む人生に向かうために伴走する」ことだとしたら、「他のコーチを薦める」という選択肢も入ります。望む未来を目の前の人とともに想い描くサポートのしかたを深めていきましょう。
 
→ 受講した生徒さんの声はこちら

 
→ 受講料